イライラの感情に振り回されない人生を手に入れよう、アンガーマネジメントを使って

小さく分けてみる

 
この記事を書いている人 - WRITER -
えっちゃん
日本アンガーマネジメント協会ファシリテーター。コンサルタント。トレーナー。キッズインストラクタートレーナー、ティーンインストラクタートレーナー。 アンガーマネジメントを日常に取り入れ、実践していく様子をお伝えします。

イライラに振り回されない人生を手に入れよう、

アンガーマネジメントコンサルタントのえっちゃんです。

アンガーマネジメントは怒りの感情と上手に付き合うための心理トレーニングです。

 

前回変えられる?変えられない?で『行動のコントロール』を使った事例を書きました。

別の事例でもうひとつ書いてみようと思います。

 

その日、AさんとBさんの会話が聞こえてきました。

私は関係ないのですが、会話を聞いているうちに

それってどうなの?!という思いが湧き上がってきました。

 

そこで『行動のコントロール』です。

(あ、もちろん反射しないように6秒をやり過ごしましたよ)

・その状況が自分で変えられるか、変えられないか(コントロール可能か不可能か)—横軸

・重要か、重要でないか—縦軸

縦と横、2つの軸をとって考えます(場所が4つできますね)。

 

どこに入れるかを考えた時、「AさんとBさんの会話」一括りではなく

Aさんの言っている(やっている)事、Bさんの言っている(やっている)事に分けて振り分けることにしました。

そう、出来事を小さく分けてみたのです。

 

するとすんなり分けることができました。

Aさんの言っている事、Bさんの言っている事は別の場所に入ったのです。

 

ファシリテーターの勉強会で”ひとつの事例でもいろいろ絡まっているから

1個1個に分けて考えるといいよ”と言われたことがあります。

「AさんとBさんの会話」一括りのままだったら、一か所には入れにくく

入れた後収まりの悪さを感じていたでしょう。

 

頭で理解していたことが実際と結びついて”わかった!”に変わった瞬間です。

そして、分けられてスッキリ。

今さっきまで「それってどうなの?!」と思っていたのに、なんとも幸せな気分になりました(笑)

 

アンガーマネジメントを使って、

きょうもご機嫌な1日♬

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
えっちゃん
日本アンガーマネジメント協会ファシリテーター。コンサルタント。トレーナー。キッズインストラクタートレーナー、ティーンインストラクタートレーナー。 アンガーマネジメントを日常に取り入れ、実践していく様子をお伝えします。

Copyright© きょうもご機嫌な1日♬ , 2019 All Rights Reserved.