イライラの感情に振り回されない人生を手に入れよう、アンガーマネジメントを使って

ハエの視点、鳥の視点

 
この記事を書いている人 - WRITER -
一般社団法人日本アンガーマネジメント協会認定アンガーマネジメントファシリテーター®。AMコンサルタント®、AMトレーナー®、AMキッズインストラクタートレーナー®、AMティーンインストラクタートレーナー®。 アンガーマネジメントを日常に取り入れ、実践していく様子をお伝えします。

イライラの感情に振り回されない人生を手に入れよう、

アンガーマネジメントコンサルタントのえっちゃんです。

アンガーマネジメントは怒りの感情と上手に付き合うための心理トレーニングです。

 

 

前回の記事『イライラしても笑い飛ばせるためにすること』 https://wp.me/pa8tHj-9f

で、「出来事を俯瞰して見られると・・・」と書きました。

「俯瞰してみる」ってどんな状態を指すんでしょう?

全体を見渡す、という意味合いで普段使っていますね。

 

【俯瞰/ふかん】

上の方から見渡すこと。下方を望み見ること。

出典:小学館『日本國語大辞典』

 

上の方から見渡すイメージでは、

”壁にとまったハエが見ている感じ”

”テレビの収録のスタジオで上(天井近く)から撮ってるカメラの視点”

なんて言い回しを見たことがあります。

 

 

もう少し物事との距離(高い視点)が欲しいなぁ、

広く全体を見渡すイメージの言葉はほかにないかしら、と思いました。

そうしたら、ありました!

私が納得した言葉はこれです。

【鳥瞰/ちょうかん】
(鳥が空から地上を見下ろすように)高い所から広い範囲を見下ろしながめること。転じて、全体をひと目で観察すること。

出典:小学館『日本國語大辞典』

 

鷹が上空を飛びながら森や林を見ている映像が浮かびました。

 

二つの言葉の違いは、

【俯瞰】上の方から下の方を見渡すこと。高さの定義は特にない。

【鳥瞰】飛ぶ鳥のように高い所から広い範囲を一目で観察すること。

(「俯瞰」と「鳥瞰」意味の違いと使い分け方|言葉の救急箱 )

 

「俯瞰する」よりも「鳥瞰する」の方が視点の高さがありますね。

見ている物事への距離は、出来事への心理的距離に通じるものがあります。

ある程度心理的距離をとれた方が、冷静さと気持ちの安全が保てますから。

 

 

アンガーマネジメントを使って、きょうもご機嫌な1日♬

この記事を書いている人 - WRITER -
一般社団法人日本アンガーマネジメント協会認定アンガーマネジメントファシリテーター®。AMコンサルタント®、AMトレーナー®、AMキッズインストラクタートレーナー®、AMティーンインストラクタートレーナー®。 アンガーマネジメントを日常に取り入れ、実践していく様子をお伝えします。

Copyright© きょうもご機嫌な1日♬ , 2021 All Rights Reserved.