イライラの感情に振り回されない人生を手に入れよう、アンガーマネジメントを使って

映画「ファーストラヴ」を観てきました

2021/02/26
 
この記事を書いている人 - WRITER -
一般社団法人日本アンガーマネジメント協会認定アンガーマネジメントファシリテーター®。AMコンサルタント®、AMトレーナー®、AMキッズインストラクタートレーナー®、AMティーンインストラクタートレーナー®。 アンガーマネジメントを日常に取り入れ、実践していく様子をお伝えします。

イライラの感情に振り回されない人生を手に入れよう、

アンガーマネジメントコンサルタントのえっちゃんです。

アンガーマネジメントは怒りの感情と上手に付き合うための心理トレーニングです。

 

 

久しぶりに映画を見てきました。

北川景子さんが公認心理師役を演じた「ファーストラヴ」。

見に行く日の朝に、映画の題名を言ったら夫から

「それ、ちょっと怖いんだよ?大丈夫?」と言われてた一瞬ひるみました。

(怖いの、ダメなんですよね😅)

 

見終わった感想は・・・、

よかった。面白かった。

最後の方は感動して泣いていました。

北川景子さん演じる真壁由紀が父親殺害事件の容疑者・聖山環菜と

どう関わっていくのか。

そこに注目して見ていたので、怖さはあまり感じませんでした。

 

殺害動機の闇を丹念に調べていく。

面談の中で、環菜が自分自身と向き合えるように支えていく。

散らばっていた点がつながり線になって、奥行きがついて面になり

最後に環菜のすっきりとした表情が印象的でした。

 

よくここまで行きついた。

(まあ映画ですから、そうなりますけどね)

ここまで来るのは、大変だよね。

由紀も環菜もよく頑張った。

周りの人達も素晴らしいよね。

うん、感動だ~~~😭

 

「ファーストラヴ」という題名も

見終わった直後は分からなかったのですが、

家に帰って『なるほど、そういうことか』と合点が行きました。

家族のことは、外からは見えにくく閉鎖的です。

本人もその家族も、自分のいる集団しか知らないので、

それが「普通」と思いがちです。

もしくは世間の基準と違うと、そのことを恥ずかしいと感じて

隠してしまったりします。

 

家族はヒトが生まれて初めて所属する集団なのに、

同じものは一つもない。

具体的に習ったことはないのでつまずきやすく、手探りで作っていく。

親には親のそれぞれの事情と感情があって、

子どもは生まれてからかなり大きくなるまで

法的にも経済的にも経験値という意味でも無力で、

周囲の大人(特に親と呼ばれる人)に頼って守られて生きていくしかない。

 

「家族」って難しいね、と映画を見て考えました。

 

感情の整理に、アンガーマネジメントの知識はお勧めです。

 

 

よかったらこちらも読んでみてくださいね。

『心理的安全』https://wp.me/pa8tHj-58

 

 

アンガーマネジメントを使って、きょうもご機嫌な1日♬

この記事を書いている人 - WRITER -
一般社団法人日本アンガーマネジメント協会認定アンガーマネジメントファシリテーター®。AMコンサルタント®、AMトレーナー®、AMキッズインストラクタートレーナー®、AMティーンインストラクタートレーナー®。 アンガーマネジメントを日常に取り入れ、実践していく様子をお伝えします。

関連記事 - Related Posts -

関連記事はありませんでした

最新記事 - New Posts -

Copyright© きょうもご機嫌な1日♬ , 2021 All Rights Reserved.