イライラの感情に振り回されない人生を手に入れよう、アンガーマネジメントを使って

気づけるしあわせ

 
この記事を書いている人 - WRITER -
えっちゃん
日本アンガーマネジメント協会ファシリテーター。コンサルタント。トレーナー。キッズインストラクタートレーナー、ティーンインストラクタートレーナー。 アンガーマネジメントを日常に取り入れ、実践していく様子をお伝えします。

イライラの感情に振り回されない人生を手に入れよう、

アンガーマネジメントコンサルタントのえっちゃんです。

アンガーマネジメントは怒りの感情と上手に付き合うための心理トレーニングです。

 

その日受けた研修で、”最近あった幸せなことを話してもらい、もっと話を引き出す”というワークがありました。

何を話そうかな。そうだ、今朝夫に送ってもらった話にしよう。

 

朝から研修に出掛けようとして支度をしていました。このままいくと家を出る予定時刻を過ぎてしまいそうです。

ちょうど夫がいたので

「あと5分くらいで支度が済むんだけれど、隣の駅まで送ってくれる?」と聞いてみました。

「いいよ」

やったー!

支度の続きをしながら、ふと気づきました。

私は間際に何か頼まれるのは苦手です。あと5分後に送ってくれ、なんて頼まれたら”いいよ”って言えるかしら?

いままでも出掛けるのがちょっと遅れそうな時、私は夫がいると「送って」と頼んでいました。

「いいよ」と、よく送ってもらっていたことを思い出しました。

今まで当たり前みたいに送ってもらったいたけれど、いい奴じゃないか我が夫。ありがたいな~。

 

そんな感謝と日常の小さな幸せに気づけたうれしさを話しました。

2人一組のワークだったので、聞かされた相手は少し引いてましたね(笑)

なんの照れもなく”夫はいい奴なんです。送ってもらって幸せ”と話されたら、引きますね。確かに(笑)

「他にも何かある?」と聞かれ(話を引き出すワークですから)

考えてみました。

 

そうそう、夫は私が話しかけるととりあえず「なあに」と返事をしてくれます。

自分が何かしている時でも、好きなテレビ番組を見ている時でも。

”夫は妻の話を聞くべき”

そんな自分の”べき”に気づかずにいたら、夫が「なあに」と話を聞いてくれても、

『当然』と思って、とりたてて感謝していなかったでしょう。

 

自分の”べき”を知ることで、今まで『普通』『当たり前』と思っていた周囲とのかかわりに

ありがたいな、と思えるようになりました。

 

 

アンガーマネジメントを使って、きょうもご機嫌な1日♬

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
えっちゃん
日本アンガーマネジメント協会ファシリテーター。コンサルタント。トレーナー。キッズインストラクタートレーナー、ティーンインストラクタートレーナー。 アンガーマネジメントを日常に取り入れ、実践していく様子をお伝えします。

Copyright© きょうもご機嫌な1日♬ , 2020 All Rights Reserved.