イライラの感情に振り回されない人生を手に入れよう、アンガーマネジメントを使って

変えられる?変えられない?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
えっちゃん
日本アンガーマネジメント協会ファシリテーター。コンサルタント。トレーナー。キッズインストラクタートレーナー、ティーンインストラクタートレーナー。 アンガーマネジメントを日常に取り入れ、実践していく様子をお伝えします。

イライラの感情に振り回されない人生を手に入れよう、

アンガーマネジメントコンサルタントのえっちゃんです。

アンガーマネジメントは怒りの感情と上手に付き合うための心理トレーニングです。

 

最近、私の仕事で困ったことが起こっていました。

 

どうにかしたい。。。

 

そんな時、アンガーマネジメントでは『行動のコントロール』があります。

 

・その状況が自分で変えられるか、変えられないか(コントロール可能か不可能か)—横軸

・重要か、重要でないか—縦軸

 

縦と横、2つの軸をとって考えます(場所が4つできますね)。

 

私は「この状況は変えられる(コントロール可能)」で、「重要」だと考えました。

 

「変えられる」で「重要」なことは、”いつまでにどの程度変わったら気が済むのか”を考え、

今すぐ実行に移します。

 

いくつかアクションを起こしてみましたが、思った結果は得られません。

そして、困ったことは起こり続けます。

うーん。。。

 

状況が変わらない。

 

そうか、

「この状況は変えられる(コントロール可能)」と思っていたけど

「変えられない」のかも知れない、と思い直しました。

 

「変えられない」で「重要」なことは、”その状況を受け入れて”その上で出来る事を探します。

 

すると、

私が仕事で困っていたことは解消に向かったのです!!

 

「変えられない」ことを「変えられる」と思っていたり、

「変えられる」ことを「変えられない」と捉えていたりすると、

イライラします。

 

そんな時は、もしかして分けたところ(入れた場所)が違うのかも?と、

思ってやり直してみると良いですね。

 

初めから正解を目指さなくていいんです。

アンガーマネジメントはトレーニングですから、

やっていくうちに徐々に精度を上げていけばいいんです。

 

アンガーマネジメントを使って、

きょうもご機嫌な1日♬

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
えっちゃん
日本アンガーマネジメント協会ファシリテーター。コンサルタント。トレーナー。キッズインストラクタートレーナー、ティーンインストラクタートレーナー。 アンガーマネジメントを日常に取り入れ、実践していく様子をお伝えします。

Copyright© きょうもご機嫌な1日♬ , 2019 All Rights Reserved.